SINGOUT! Vol.17 レポート

 

さて、年末の一大イベントSINGOUT!が今年も盛況の中幕を閉じました!

今日はさっそくそのレポートをお届けします

 

Shin

Untitled-7

SINGOUT!というタイトルではありますが、アコースティックのバンドやダンスなど、参加できる形態は幅広いのですが、中でも彼は以前からギターのみのインストで参加してくれていました。毎回毎回クオリティーを上げて、ギター一本で作り出す世界を広げていってくれて、今回は難易度の高いTommyEmanuelの曲を披露、そしてもう一曲はこの季節ならではのクリスマスソングでオープニングを盛り上げてくれました。

 

Taisho&Saru

Untitled-1

SINGOUT!は初参加の二人ですが、今回オーディエンスを驚かせ、大いに沸かせ、見事グランプリを獲得しました!二人はギターでレッスンを受けているのですが、今回は一人がギターでもう一人がなんとピアノを弾くという形態、そしてもっと驚かされたのが、二人の歌のハーモニーでした。MCの時との激しい落差で、その緩急にすごく引き込まれます!

また真面目なMCも面白かったです。この中の良い2人の次のJAMOUT!も楽しみです。

 

Rintaro

Untitled-2

前回のJAMOUT!で賞を獲得するなど、自由な発想で耳を惹きつけるオリジナル曲を披露してくれるRintaroですが、今回の1曲目はカヴァー曲。若干中学1年生ですが、七尾旅人サーカスナイトの哀愁漂う静寂の中で囁く世界観を見事に歌い上げました。そして2曲目はこの夏から始めたというピアノヴォーカルでオリジナル曲を披露。こちらも表現力豊かなリリックが目立ち、聴きごたえがありましたし、新しいフィールドを開拓する姿勢に今後がとても期待です。

 

Maaya

Untitled-3

今回SINGOUT!どころか、LiVEJAMに来るのも初めてというMaaya!全くアウェイな環境の中で、2曲堂々たるステージングと歌を披露してくれました。頭の男子3グループとは対照的に、パワフルで激しい曲をピックアップ!彼女は今後プロを目指してバンド活動をしたいとう熱意をもって、同じような志をもつ仲間を探しています。その行動力と動じない精神力で是非進んでいってほしいですね。

 

Rikako

Untitled-4

JAMOUT!の時もそうですが、いつもすごく落ち着いているように見え、緊張しているのか、それとも全くどうじていないのかという大御所感をまとっています。今回は赤い公園の東京という曲を披露してくれました。演奏前に曲の紹介や内容に少し触れるMCをして、それが歌詞に注目させたり、効果的にオーディエンスの姿勢を誘導していたのが印象的でした。短い時間や、少ない曲数の時に雰囲気をつくるのにはとてもいいMCの使い方でしたね。

 

Kaisei

Untitled-5

JAMOUT!ではおなじみですが、SINGOUT!にヴォーカルでパフォーマンスするのは初めて。

今回はRyutaroをキーボードでむかえてDuoでの演奏でしたがエレキピアノのサウンドが大人の雰囲気を漂わせてとてもよかったです。曲調もバンドの時とはガラッと変わり、バラードを2曲。声の表情をいろいろと出し、SINGOUT!ならではの表現でしたね。そしてこちらでも2曲目はクリスマスソング。B’zのいつかのメリークリスマスはもはやこの時期のSINGOUT!の定番。次の世代にも引き継がれていってほしいです。

 

Haruka

Untitled-6

そして最後は日陰の女帝。毎回オリジナル曲を披露してくれますが、彼女の曲や歌詞は本当に気持ちの塊という感じがして、想いが直線で伝わってくる感覚があります。以前にも演奏してくれたバランスボールから始まり、最後はアグレッシブでギターの弾き方にまでその勢いを持たせていてとても熱く盛り上がりました。とても内容の濃い今回のSINGOUT!の最後を飾るのに相応しいパフォーマンスです!

 

そして、気になるSINGOUT!大賞は

Taisho&Saruが獲得しました!

おめでとうございます!

えいごでリトミック

English-RhythmicsLiveJam for KIDSは、英語を使ってさまざまな音遊びをすることにより、音楽の基礎が身に付き、英語に慣れ親しむ幼児向け教育システムです。

アメリカの幼児教育スタイルを基に、外国人ティーチャーが日本人の子供たちの感性を引き出していきます。
インターナショナルなスタッフと生徒さん達が集うLive Jam for KIDSで、音楽の体験をし、英語の導入となる耳を鍛えます。

歌うように英語が身につき、そしてコミュニケーションスキルの高い子どもを目指します。

未来の国際人を育てたい、こども達の音楽の才能を引きだしたい、そんな夢をもったスタッフがお子様がたをお待ちしています。

LiVEJAM for KIDs

対象: 4~5歳児

時間: 40分

人数: (1クラス)10~12人

内容:外国人講師が日本人の先生と共に、音楽の3元素(音程、リズム、音色)ゲームなどの遊びを通して学び、体得していきます。

  • 曲に合わせて歩いて、跳んで、止まってなど音の表現
  • 打楽器に触れて、リズムに合わせて音を出す
  • プロジェクターを使って音楽のゲーム
  • ドレミの手サインを学んで音の階段を表現する
  • 音の上げ下げ、音の数、音の高低などのイヤートレーニング
  • 簡単な音符・休符を学んで手あそび
  • いろんな種類の楽器の特性を知り、体験をする
  • いろんな種類の音楽(クラシック、ポップ、ジャズなど)にふれる
  • ABCソングなど英語の歌を英語の正しい発音で歌う

 

なぜLiVEJAMか?

中高生・大学生を対象に10代限定のバンドスクールとして2010年に創立。バンドを組んでのライブはこれまでに22回開催しています。開校以来、多くの外国人講師が英語で楽器のレッスンを行ってきました。当初は生徒さんも外国人が多く、そのオープンでインターナショナルな校風は日本人の生徒が中心となった現在も引き継がれており、いつも英語が飛び交っている環境です。
教育スタッフは、常に海外での最先端の子供向け音楽プログラムを研究し、日本の子供たちの教育に活用し成果を上げてきました。2年前より、近くのインターナショナルスクールから委託を受け、英語での音楽の授業を提供し、高い評価を得ています。

 

校長 高木健

1962年生まれ。幼少より通算24年海外生活を送る。中学から大学までトランペットでクラシックやジャズを学びアメリカで大学を卒業後、証券会社に入社し、日本、ヨーロッパとアメリカで勤務。2010年にアメリカで体験した音楽教育を日本で再現するべくLiVEJAMを開設。社会人と大学生の2人の父親。音楽の中で育った長男・次男はトライリンガルと バイリンガル。

「幼少期からの音楽のトレーニングを受けた子供たちは、英語の耳を鍛えるリスニング力が顕著です。

そして”世界共通語である音楽”と共に育った子供たちは自己表現が豊かで、自らを積極的にアピールしディベートやディスカッションなどものともしません。

世界のグルーバル化が加速する中で、外国人と対等にわたりあえるグローバル人材の育成が私に与えられた使命だと痛感し、LiVEJAM ​for​​KIDSの充実を図ります。ご期待ください」

 

講師 Matt Wright

1983年 アメリカのオレゴン州生まれ。6歳からピアノを始め15歳からジャズの世界に魅了される。ワシントン州立イースタン・ワシントン大学で作曲を専攻。2011年に訪日、現在はインターナショナルスクール低学年の音楽の授業を受け持ち、保育園で英語を教えている。1歳になる女の子の父。マット先生のよく準備されたエネルギッシュなレッスンは、子供たちの集中力が切れることがないと喜ばれています。

 

「音楽を通しての学びは人生のあらゆる面で肯定的な影響を与えるかけがえのないものです。」