カテゴリー別アーカイブ: ボーカル上達法

10代の歌の祭典SINGOUT! vol.15

 

桜満開の期間が例年より長めの春の日に10代の歌の祭典SINGOUT!が行われた。

IMG_7048

オープニングはアメリカから帰国中のアスカが留学前から見違える程成長したジャズギターのソロを演奏(そう、SINGOUT!では歌わなくてもいいのです)。無伴奏でテーマを弾いて、アドリブに発展するがギター一本だけの寂しさを思わせない濃い演奏で観客席の集中を一心に受け止めた。スタンダードの There will never be another youとAll the things you areでSINGOUT!のトップとして観客を引き入れるのに十分なパフォーマンスであった。

IMG_7049

次はSINGOUT!には初登場のRikako。今年1月に入会でギターボーカルの経験者なのでしっとりした弾き語りもできるだろうと思ったら案の定、BIGMAMAとAIMERの素敵な曲を歌ってくれて、ライブジャムの「弾き語りガールズ」の仲間入りを果たした。今日の演奏以外にGoose House も好きとの事なので、次回以降も期待できそう! Welcome!

IMG_7050

3番手は数日前に中学生になったばかりのRintaroがなんと自作の曲を弾き語りで世に送り出した。「ちょっと前に曲が出て来なくなった時期があって、その頃に書いた曲です。」と、数日前までは小学生だった子から出て来る言葉とはとても思えない曲紹介に観客がドッと沸いた。そして曲が始まるとたった3つのコードしか使わないのにとってもノリがよく、売れてもおかしくない曲、”Sing this way” だった。今後の成長を考えると末恐ろしい。。。”

IMG_7051

続いてステージを飾ったのは二人のJK.

同じバンドのボーカルとギターで先日バンドとしての演奏を聴いた所だったが、今回は二人で弾き語りで出演してくれた。ミュージックユニットと言うより、どうも漫才をやりそうな二人に見えたが、一人がギターを弾き、一人が歌い始めると真剣な眼差しで素晴らしい!今回はいろいろと暗いテーマの曲、Back Number1曲そして阿部真央から2曲だったが、とっても感情も入って心に響いた。ボーカルの子はメンバーじゃないけど、出演ありがとう!(次回は漫才も。。。)

IMG_7053

次は最近のSINGOUT!ではお馴染みになってきているハル。今回はスガシカオと片平里菜の曲以外にしっかり自分のオリジナルも持って来てくれた。もう作曲した曲数は50曲位あるとのJKだが、とても落ち着いて曲紹介などのMCも板についてきた。彼女のように自分の内なる気持ちを詞とし曲とし表現できる人はとっても幸せなのではないか。。。

IMG_7054

この1年位の間に一皮も二皮も剥けたDivaのチヒロが続く。最近のバンドライブでの熱唱が絶賛されてる中で、もうカラオケ音源で歌ってもらうのも失礼と思わせてしまうくらいの実力だが、2曲のうち、1曲はアスカにヘルプしてもらって、もう一曲はカラオケ音源でいいと言う。なんと、カラオケ音源で歌えば全て「自己責任」で完結するからとの言葉に真剣な姿勢がうかがえる。ギター伴奏でドリカム、そして音源で中島みゆきの”糸“がどれだけ素晴らしかったは言うまでもない。

IMG_7055

Divaに続いたのはこちらも大御所、歌でもキーボードでもMCでも任せて安心のミキ女史。今日はSuperflyのバラードと高橋優の“ビューティフル”と言う滑舌系の曲を熱唱。特にビューティフルの歌詞とそれを気持ちを込めて伝える表現力は泣かせる次元のレベルだった。目頭が熱くなりながら、音楽の力にあらためて感心。歌詞は完全に聞き取れてないし、曲も4つのコードのみの簡単な構成だけど、この詞と曲に同調した人の”氣“持ちが聴いてる人の心に響く物だと。圧巻。

IMG_7057

今回のトリはSINGOUT! 初出場のアミリアとギターでアスカ。アスカの企画との事。英語が堪能な二人が選んだ曲はClean BanditとEd Sheeranの洋楽2曲。アミリアはバンドのボーカル(とベース)ではステージを観ていたが、しっとりとした歌を聴くのは初めてで、ギターが上手だったのにも助けられて歌いだした途端から彼女の上手さが一気に伝わってきた。わお~って感じ。ギターもソロを入れたり、ハーモニーを歌ったりと曲の完成度を上げていた。

 

SINGOUT!賞

今回vol.15は参加者数こそ少なかったものの過去に記憶がないほど、全員のレベルが高かったショーだった。この中で1つのグループだけを賞に選出するのに委員会は苦労したようだったが、今回は起案したアスカとそのサポート能力に素晴らしい歌声が響いた最後のアミリア-アスカコンビが選ばれた。おめでとう!

そしてみんな、感動をありがとう!

10代の弾き語り SINGOUT!

13回目になったSINGOUT!ですが、今まではニコニコ動画で世界に発信するのにライブジャムのスタッフが渋い声でMCやっていましたが、いつかはメンバーにやってもらえたらと思っておりました。今回は参加者が比較的少なかった事と、ほとんどが女子だった事もあって、我らがカリスマJKのミキちゃんにやってもらう事になりました。

おかげでオヤジギャグが消え、爽やかな10代のガールズトークが弾けてました。

IMG_5395

オキ、ミキ、ウミ

オープニングは、ボーカル、ギターとカホンで編成された3人の”バンド“?で、なんとONE OK ROCKの”完全感覚Dreamer”! えっ、あの早くてパワフルな曲をアコースティックカバーできるの!? だが、曲が始まるや否やその不安はものの見事に掻き消された。メッチャ気合い入ったギターとずっしり響くカホンのイントロにミキの良く通るロックな声で観客を引き込んで行った。そのあと、ギターとボーカルだけでアップテンポの”夏祭り“でさらに場を盛り上げた。どちらかというとしっとりした曲が多い、このSINGOUT!でこの選曲がすごい!何でもアコースティックアレンジ可能との挑戦状のよう!

そして、3人で始まったプログラムでウミが去り、ミキも去り、最後にオキが一人に残った。

なんと当日に出来上がったオリジナル曲のギター弾き語り。初披露だったのでとてもワイルドな演奏に感じられたが、何よりもオキの熱い心が伝わって来た。

 

ヒナコ、ミキ

次は仲良し高2女子がギターを抱えて初弾き語り。二人でギターを弾きながら、ヒナコが一人で歌ったのは藤原さくらの“Soup”。二人ともライブジャムでギターのレッスンを受けているが、かなり一生懸命練習してきたけど、緊張に震えてる様子。ちょっとしたことで二人顔合わせて肩をすぼめて何とも可愛らしい。とっても透き通る声できっちり歌い、とても温かい音で素晴らしい演奏。最後の音を弾き終わった途端に世界の重量が肩から降りたかのように、嬉しそうな笑顔が印象的だった。次回はもう1-2曲聴けたらとの期待につながる。

 

モエ

ギターとボーカルのレッスンを受けてる中3モエの登場。そう、このようなギターでの弾き語りを披露してくれるのは今回初めて!少年Tの”Orange” と言う曲。聴いた事はない人は多かったかもしれないが、なんとも爽やかな曲、そして思いっきり緊張していながら、目をキラキラさせて楽しそうに歌ってくれるモエ。いつもはバンドを率いてボーカルに徹してるモエがギターで弾き語りしてる姿はメッチャ板について素敵だった。ギターいつの間にそんなに上手くなったの!?

 

ハルカ

まだ6月に入会したばかりのハルカ、既にギターもできるし、何よりも作曲が好きでもう30曲位書いたそうな。この日はオリジナル曲2曲含めて3曲の披露。

最初が高橋優の“福笑い”でギターを弾き出した途端にギターのパワフルさに圧倒される! おっ、「こいつはできる!」的な存在感を持ち合わせてる。

2曲目のオリジナルはなんと水曜日(4日前)にできたばかりの最新曲。一人で部屋にいる時に浮かんで来た曲で、彼女としては初めて恋絡みの曲らしいが、コードをポロんポロん弾きながらの切なく幸せが素敵な曲。

ハルカは、曲作りもすごいが、トークでもいろいろ語ってくれる。今までいろいろと楽しい事や辛かった事などを通して自分が感じてる感情をストーリーとして曲に素晴らしくまとめ上げてる。「同年代の子達に伝えたい」と紹介した最後の曲“バランスボール”はグッと来るものがあった。いつか作った30曲全部聴かせてもらいたい。

IMG_5396

ミキ

本日のMCをやってくれてる大御所ミキの登場。最初にも出演したが、それはオキのバンドの中でボーカルを担当したのに対して、今回はミキが自分の歌いたい選曲を披露。

最初は綾香の”I believe” で歌唱力を見せ付けてくれた。

次はカホンのウミをステージに呼び戻し、自分はギターを弾きながら荒井由実の“やさしさに包まれたなら”を軽快に演奏。3曲やる時の選曲力も素晴らしい。

そして最後の曲 “化粧”by 中島みゆき。。。 この曲には圧倒された!聴く人のみならず歌ってる本人が泣き出してしまいそうなこの曲。「バカだね」が発せられる度に涙腺が刺激され危険な状態。ミキは歌はもちろん、歌を通しての表現力が半端ない。これがアーティストには欠かせない。

 

チヒロ

前回のSINGOUT!で大賞を獲得した高2チヒロ。最初が”ハナミズキ“。

なんなんだろう。ライブジャムに入会する前に歌のレッスンなど受けた事がないとのチヒロだが、この圧倒的な歌唱力。完璧なピッチに加えて低音で若干ハスキーな部分もある声は心に響きやすい天声だ。

今回のSINGOUT!を締めくくる選曲は彼女の大好きな宇多田ヒカルの“Wait & See ~リスク”と言うノリのいい曲。まだ表情に固さが残る中、ビートに自然に体が動くのが印象的だ。この迫力ある美声はもっともっといろんなジャンルで聴かせて欲しい。

IMG_5398

SINGOUT!賞

今回の大賞は初出演のハルカが獲得。何よりも自分の中のストーリーを音楽を通して伝える力が評価された。

 

それから今回は久しぶりに 審査員特別賞が ミキの“化粧”のパフォーマンスに贈与された。

10代のギター女子中心の弾き語りライブ SINGOUT!

10代の弾き語りライブSINGOUT! Vol.12

IMG_4377

昨日、ライブジャムのスタジオ内でSINGOUT! Vol.12 が開催されました。

今回は少数精鋭の密度が高いライブでした。男子2人に女子6人と圧倒的なギター女子のパワーを見せつけてくれました。

 

Rino

IMG_4367

デニムの大きなシャツとボーイッシュな帽子を被って現れたRino。もともとカバー曲を予定していたのが、急きょオリジナル曲に変更。好きなバンドのメジャーデビューをきっかけに作ったと言う曲(なんとラッキーなバンドなんだ!)と、前日に完成したという東京メトロについての曲を披露。曲も素晴らしい上にちょっとかすれた声がメッチャいい雰囲気を醸し出してSINGOUT!最高のオープニングを飾ってくれた!

 

Hotaru

IMG_4368

続いてグアンちゃんことホタルが aikoのキラキラを熱唱。何度かフェイちゃんとSINGOUT!のオープニングダンスをやってくれていたが、その頃からぐっと大人になって成長した感がバッチリ! 今回はまるでマイケルジャクソンのグローブのような「キラキラ」した靴履いて気合い一杯でした!

IMG_4369

 

Ryunosuke

IMG_4370

別称「先生」が今回も堂々と出演。なんだかわからない「定食屋」ジョークが飛び交う中、高橋優さんの曲を急きょ当日変更、ギター弾き語りでサンドイッチを披露。ともかくキャラが深い。グースハウスやら紅やら、いじられ上手ないい奴が、楽しい楽しい世間話のような歌で幸せにしてくれた!

 

Fey

IMG_4372

Fey なのかFayなのか、未確認だが、今までホタルちゃんと一緒にオープニング担当だったのが、ちょっと大人になって、大原櫻子から星野源にシフトしたように、オープニングからは脱皮してしまったようだ。と言うことで、エレキギターで大好きな星野源さんをカバー。クマだかウサギだかの顔が大きなストッキングで華を添えてくれた。

 

Shuto

IMG_4373

今回女子優勢のSINGOUT!に男子二人目代表は大物ボーカリストShuto.それも自身が率いるバンド用に作曲した2曲を引っ提げてきた。1曲はギター弾き語りで1曲はバンドの音源を流しながら迫力満点のサウンド。Shuto,作曲上手いじゃん!いい感じだぜ!彼の歌唱力ならバンドでもさぞ熱かった事だろう。

 

Chihiro

IMG_4374

2月にライブジャム入会の(当時高1JK)のChihiroが2月のJAMOUT!でサポートのボーカリストとして出演したとき、あまりもの歌唱力に会場が圧倒された記憶が新しい。ドリカムの「うれしい!たのしい!大好き!」で元気で伸びのある声を聴かせてくれたと思ったら、季節的にタイムリーないきものがかりのsakuraを熱唱。しっとりとしたバラード豊かな低音から突き出るような高音を魔法のように操ってくれた。

最近では珍しくカラオケ音源を使ったこのパフォーマンスが今回のSINGOUT!大賞を獲得!おめでとう!

 

Sakura

IMG_4375

この季節は特に旬なサクラが、戻って来てくれた。ライブジャムでは強固な「弾き語り姫」の位置づけで、外でも活動的にライブやってる彼女がオリジナルを3曲も披露してくれた豪華ステージ。この最初の曲「始まった曲」はうつむいた姿勢で4つのコードをポロんポロんとつま弾きながら始まった。最初は囁くような声で、最後は叫びのような声で腹の底から内面をさらけ出してくれた。切ない歌詞も手伝って涙誘う。

そのほか2曲、“病んだ”曲も含めて、彼女のストーリーが心に響いた。ヤバいっ!

 

Miki

IMG_4376

今回のトリは、前回のSINGOUT!で大賞を獲得したMiki。昨年の夏ライブジャムに入会した頃はピアノで弾き語りをやっていたが、ギターのレッスンを受けて今はギターとピアノの弾き語り両方こなすようになってる。今回も丸の内サディスティックで盛り上げてくれたあとに、ギターとピアノで一曲ずつオリジナル曲を披露してくれた。さすが、前回の女王だけあって、歌唱力、そして曲作りが素晴らしい。今回小数精鋭の濃い弾き語りライブの締めに相応しいトリだった。ありがとう!

 

 

今回気づいたのは、最近「ギター女子」と言う言葉が流行っているように、弾き語りをしたい女子が確実に増えていて、その質がかなり高くなって事。今の10代の女子(もちろん男子も)は自分の思いを言葉にして、メロディーに乗せ、そして世の中に伝えたいと思ってると言う事。

それから、今回の作曲のラインアップでもわかるように、難しい事は必要ない、単純に4つのコードを回すだけでも十分に素晴らしく心を打つ曲ができると言う事。

そして、本当に好きな曲であれば楽器を使わなくても、カラオケでもエネルギーと伝えたい気もディが伝わると言う事。

 

どんどん進化していくSINGOUT! 誰でも参加できます。あなたも自分のストーリーを歌ってくれませんか?

 

講師紹介: イタリアからボーカルのラウラ先生

こんにちは!

ライブジャムに新しいボーカルの先生です。

今回はイタリア出身で、2年半前に来日したラウラ(Laura)先生です。

イタリアの音楽大学では声楽に加えてバスーン(日本ではファゴットと呼ばれてる)の第一奏者でした。

イタリア人の気質か、メッチャ明るくて優しい先生ですが、何しろカッコいい!筋トレなどで体を鍛えてる上に、なんと、あのブルースりーが開発した截拳道の達人だと言う。。。「私の事を倒す事ができるか?」と校長が尋ねると、ニヤッとして「一瞬で」。。。と言われました^^;。

日本語も英語もできるので幅広くの生徒さんにレッスン受けてもらいたいです。

IMG_3212

名前(通称)
ラウラ先生、ラウちゃん

担当楽器
ボーカル

その他できる楽器
バスーン、ピアノ

楽器を始めた動機
3歳の時にミュージシャンになろうと思い立った。

影響を受けたアーティスト
(クラシック音楽では) プロコフィエフ、ショパン、(ロックでは)クイーン、メタリカ
特筆すべき音楽活動
イタリアのカリヤリでバスーンのストリートライブをやっていた。
現在の活動
現在葛飾区に自分の音楽教室を開いていて、ピアノ、ソルフェージュ、歌、クラシック音楽などを教えている。今バンド活動はしていないが、近くギターリストと歌のレコーディングを始める。

今特に好きなジャンル、アーティスト
特にジャンルにこだわりもなく、幅広く何でも好きです。

音楽以外の趣味
武道、筋トレ、フィットネス

好きな食べ物など
お菓子。自分でも結構作ってます。

その他
幼い頃、父がギター弾いてたので、私も試しましたが、自分に合ってないと思い断念しました。学校ではコーラスで歌ってました。

生徒さんへ一言
Never give up! Enjoy and learn with me! 

ライブレポート: SINGOUT! vol.10

今回でSINGOUT!も10回目を迎えます!
記念すべきその節目の回もみんな自分のカラーを出して、それぞれの想いを歌に(音に)のせて発して盛り上げてくれました。

オープニングはSINGOUT!では異色のギターのインスト!
2曲のブルースナンバーの演奏があり、それに続きBlue Bossaフュージョンアレンジの演奏がありました。

本人は緊張したって言っていたけど、とても堂々としていて、会場の空気をちゃんとつくっていましたよね。
オールドスクールなブルースの音が格好良かった。

アメリカから帰国直後に披露となったBlue Bossaはやっぱり欧米か!って感じでしたね。
いろいろ吸収してきた成果です!Nice!!

そしていよいよそこから歌入りのラインナップが始まりました。

まずは今回SINGOUT!初参加の萌ちゃん。
片手を握りしめながら気持を込めて歌っているのがとても印象的でした!
特にCHE.R.RYは、以前から何度も聞いた事のある曲でしたが「こんな歌詞だったんだな~」なんて新たな発見があるくらい、届いてくる感じがありました。

それに続き新しいユニットのChelsea&Alecは息がぴったりっていう感じ。
シェイカーが入ったり、コーラスしたりと、いろいろなバリエーションがあって良かったです。

そして、りんがなんとピアノの弾き語り!
本人曰く、ベースよりもピアノの方が弾きこんでいるとか。
さらにバラードまで披露でインパクト大でした。
加えて2曲目がアイドルの曲という多方面からのギャップ!!

IMG_4622
ギャップに弱い人なら、完全に落ちていると思います。

続いては、JAMOUT!の数々の賞を総なめにしてきた2人がユニットを組んでSINGOUT!に登場。さくらちゃんと沖君の2人です。
これはもうさすがという感じでした。楽器の弾き分け、それからボーカルラインの歌い分けがちゃんとしていて迫力がありました。
沖君は相変わらず誰かに似ていて、いい感じでした。

さくらちゃんのソロでのヴォーカルギターもとても良かったです!
前回もそうでしたが、この世界観ね。
着ている服は白と花柄でも、それに闇を混ぜ合わせてきて、いい塩梅の空気感を作り出していました。
ストーカーの素質があるのでは?とまで思わせるような眼!
3丁目。惨懲眼。

バンドでは和音君と真吾君と澄見ちゃんが加わり一気に豪華に。
とにかく真吾君は楽しそうで、和音君は可愛いくて、澄見ちゃんが格好いいという構成でお届け。曲の途中ですでに拍手のコメントが来るくらいの盛り上がりでした。

IMG_4625

そして続いてはディフェンディングチャンピオン、真人の登場でした。
“わたしを二郎に連れてって”というメッセージ性の非常に高いトラックにのせてダンスを披露。本当に二郎には言った事がないそうで、今回のパフォーマンスはそのリアリティの追及だったのだろうか。そして前回のSINGOUT!のグランプリ獲得により、豪華で優雅な毎日を過ごして来ただろう彼が、2曲目では生肉をむさぼるという、人類の原点に立ち返る、これまたアーティスティックなパフォーマンス。現代に問いかけたステージは見事でした。

そしてHannahがAlbertと最新の曲を、アコースティックピアノアレンジで披露してくれました!空気中に漂って、見えないようで見えている、感触がなさそうでいてしっかり触れられる。そんな繊細な音楽にHannahの声がマッチしてとてもキレイで、心地いい時を流してくれました。Albertのプロデューサーとしての才能を存分に感じるセンスある曲でしたね。さすがでした。

いよいよ最後をつとめるのが志有斗君。
オーディエンスが部屋いっぱいになるような期待感の中、1曲目はAsukaのギター演奏で“朝が来る前に”を披露してくれました。落ち着いた雰囲気で、余韻を使ったゆとりある伴奏と、彼のスタイルである「熱唱」(絶叫?)がうまくマッチして、ドラマチックな静と動が詰め込まれた内容になっていい感じでした。
そしてソロでも2曲。+アンコールでSINGOUT! Vol.10を大いに盛り上げ、締めくくってくれました。
さて!!!

ここでお待ちかねの SINGOUT! Vol.10 グランプリの発表です!!

今回は委員会が本当に悩みました。

甲乙つけがたい演奏が沢山ありました。

そんな中でグランプリに輝いたのは。。。

 「朝が来る前に」

志有斗君 feat. Asuka です!!

ギターの音色や雰囲気、とても良かったですし、それに久保君の、原曲とはちょっと違う角度からのこの曲へのアプローチにオリジナリティがありました!
原曲の繊細さは何処へ?でしたが、 曲を「熱」で破壊して、こういう聴かせ方もあるんだなっていう新しい感覚を味わう事ができました。
二人とも堂々としていて、何よりもこれは、日ごろの練習量がものを言っているのだと思います。
おめでとう!!
他のメンバーも、今回仲間の演奏からいろいろ刺激を受けたと思います。
それを糧に、またいい演奏を作り上げていってください!

というわけで、みなさんお疲れ様でした!

講師紹介シリーズ    ヴォーカルのShin先生

さて、またまたご無沙汰してしまいました。

今年1月からの新しいヴォーカルの先生のご紹介です。Shin先生はミュージカル出身で数々の大きなステージを経験され、指導の経験も長いベテランの先生です。実は先生は多数のCMで声優としても活躍してるので、知らずにTVで先生の声を聞いてるかもしれませんね。

FBで使った.2

名前(通称) 
Shin
担当学科
ヴォーカル
その他できる楽器
ピアノ, ドラム、クラリネット
楽器を始めた動機
コード(ピアノ)の押さえ方を兄に習ったから…かな!?
影響を受けたアーティスト
カーペンターズ、ビリージョエル、スティービーワンダー
特筆すべき音楽活動
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業 劇団四季や東宝等のミュージカル舞台に数多く出演した。
劇団のオリジナルミュージカルの作曲やアレンジを数本担当。
深川情話「恋ひとひら」の劇版の作曲及びアレンジを担当。
劇団扉座公演 東京建築ショーのアレンジを担当。
その他、地方劇団やミュージカル作品に使用する劇伴等をDTMで多数制作。
TBS.TV『ワンダフル』の”ハモリまショー”で、カラオケの制作と
ハモリアレンジ担当、そして出演。
歌唱指導作品…テニスの王子様  ロックミュージカル・ブリーチ他多数。
*ステージやCD録音で関わったアーティスト…北島三郎、矢沢永吉、桑田佳祐、
 The Alfee、長渕剛、氷川きよし、千住明、服部隆之、宮川彬良、川井憲次、他多数。
現在の活動
CMやTVドラマの劇版など、スタジオミュージシャンとして多数参加。
ミュージカルの歌唱指導やヴォーカルレッスンを行っている。
また、コーラスグループのバスを担当し、ライブやコンサートに出演している。
今特に好きなジャンル、アーティスト
Jazz  Rock  Musical  J-pop   上原ひろみ  チックコリア
音楽以外の趣味
格闘技観戦、絵画鑑賞、公園に猫を見に行く。
好きな食べ物など
ラーメン、お寿司、焼き肉、イタリアン
*訪れたラーメン店の数は、枚挙に暇が無い。
その他
掃除、洗濯、料理の手際の良さは他の追随を許さない。
生徒さんへ一言
声帯は原音を作る器官です。大事なのは、その原音を何処に
どの筋肉を使って共鳴させるかです。
(意識出来る様になれる、または随意筋化する)
それを踏まえて、喉に負担を掛けない発声を
目指して楽しく根気よくレッスンを続けていきましょう!
一言じゃないですね(^^;)

ライブジャム歌の祭典 SINGOUT! Vol.8

12月23日に開催されたライブジャム歌の祭典SINGOUT!の Vol.8は過去最大の参加者と曲数になり、大盛況に終わりました。ニコニコ動画で4時間以上の配信になりましたが来訪者も1000人近くでたくさんのコメントも頂きました。
ギターで弾き語り、MP3を伴奏での熱唱、そして仲間にサポートされたバンド形式だったり、楽器だけの演奏、そして今回SINGOUT!初の渾身の当て振りも観客を沸かせました。
年末と言う事もあり、しっとりした曲も多く、涙をこらえるような場面が多数ありました。
SINGOUT!大賞はオリジナル曲披露のNanakoへ、
そして今回初のグループ賞は Smokinに挑戦したバンドが受賞しました。

残念ながら途中で音声とトラブルがあり、映像だけになってしまった部分もあります。申し訳ありません!
こちらのリンクからご覧になれます。お楽しみ下さい。

SINGOUT!Vol8

 

Performer  |   Song

ふぇい/ホタル | まるまるもりもり
Yui , Sumi | 恋の煙
ふぇい    | 明日も
ホタル  | SAKURA
ホタル/ふぇい | ありがとう (音声無し)
Hannah, Yuko | Do I wanna know
Shin | あしたかせっき
Shin | Arrietty’s Song
Natsumi | 卒業
Natsumi , Kento | My Sunshine
Ayane | きらきら
Nanako | オリジナル
Nanako | オリジナル
Shuto | いつかのメリークリスマス
Shuto + Yuro | ラブレター
Ayako | カブトムシ
Yui Sagara, Shota | ちっぽけな恋のうた
Asuka | Guitar solo
Keiko/Haruka | Stay Stay Stay
Keiko/Haruka | Love Song
休憩 |
Manato | Pose
Manato | Liar
Manato | Rocket Dive
Yui, Nanako | プラネタリウム
Yui, Nanako | M
Yuro | You raise me up
Yuro | Happiness
Sakura , Shingo, Sumi| 揶揄
Sakura, Shingo, Sumi, Taiga, Kazune, | Smokin
Sumi | Blues for Herb
Sumi、Nanako | キラーチューン
Sumi、Nanako | Last Christmas
Ryunosuke.O, Sakura | ラブストーリーは突然に
Suzuno | 逢いたくて今
Ritsuki/Hikari | Just give me a reason
Shoko, Kasper | Thinking out loud
Shoko, Kasper | Mistletoe
Shinji | Yes I do
Shinji | たしかなこと

 

講師紹介シリーズ(14) ボーカルのRumi先生

だいぶ時間が開いてしまいましたが、本日はボーカルのRumi先生です。

シンガーソングライターとして活躍しているRumi先生ですが、見かけはしっとりおとなしいかと思えば、ステージに上がると迫力あるブラックミュージックをパワフルに熱唱。

ヒップポップの教師もしているRumi先生のボーカルレッスンはとても理論的ながら、時にはまるでトレーニングしてるかのようなフィジカルで楽しいとの評判。

写真 Rumi

名前(通称)
谷 瑠美

担当楽器
ヴォーカル

その他できる楽器
ピアノ ・ギター・ダンス

楽器を始めた動機
歌う事、楽器を弾くことによって、友達が喜んでくれ
そして、友達が増えたから。

影響を受けたアーティスト
Beyonce ・Michael Jackson ・TLC ・安室奈美恵

特筆すべき音楽活動
2010年 渋谷AX 出演
2013年 渋谷TUTAYA 音源機関限定 無料配信
2013年 ネットラジオ レギュラー番組 『女のミルフィーユ』
2013年 1stシングル 発売

現在の活動
シンガーソングライター・ダンスヴォーカル として都内を中心にクラブやライブハウスにて
活動中。 ラジオやネットテレビにも出演。

今特に好きなジャンル、アーティスト
MACKLEMORE & RYAN LEWIS

音楽以外の趣味
カメラ ・料理

好きな食べ物など
野菜 ・焼き肉・ インドカレー

その他
DTM(PC)を使って、作詞・作曲もしています。

生徒さんへ一言
一人ひとりの個性を生かしながらしっかりと体から響かせて、真っ直ぐに歌う事を重点にレッスンをしています。
小さなことからコツコツと一緒に頑張りましょう !

講師紹介シリーズ(12) ボーカルのショーン先生

大人気のボーカルレッスンはショーン先生にお任せ。インターナショナルスクールに通っていたバイリンガルなので、どこの国の人なのかもちょっと不思議に思えるカリスマボイルトレーナー。もちろんどんなジャンルもOK.自分のバンドでオリジナル曲を披露しているのは必見!かっけえぜ。

 

名前(通称)
SEAN ショーン

sean pic

担当楽器
ボーカル

その他できる楽器
ギター、ピアノ

楽器を始めた動機
気付いた時には歌ってました。

影響を受けたアーティスト
Michael Jackson
Eric Clapton
Jimi Hendrix

特筆すべき音楽活動
Michael Jackson Tourライブ出演
様々なアーティストへの楽曲提供、英詩、レコーディング指導

現在の活動
THE STONE SUN 和風ロックバンドにてボーカル/ギターとして活動中

今特に好きなジャンル、アーティスト
Paul McCartney
Animal Collective
Richie Havens

音楽以外の趣味
陶芸、肉めぐり

好きな食べ物など
ラーメン
肉全般(焼き肉/しゃぶしゃぶ)

その他
インターナショナルスクール卒業でバイリンガル
ニューヨーク 一年音楽留学

 

生徒さんへ一言
ボーカルはブレスの芸術です。
一緒に自由な声を手にしましょう!

SINGOUT! vol.7レポート:高校生が今一番歌いたい曲

昨日は歌の祭典 SINGOUT!のvol.7が開催されました。
ライブハウスを借り切ってバンドのみが演奏できるJAMOUT!と違って、一人でも数人でも、歌ったり演奏したりしてニコニコ動画で配信するオンラインライブです。
昨日はサポート含めて20人位のメンバーが23曲披露してくれました。

オープニングは高1ギャル3人が、ギターと鍵盤ハーモニカ出動で、桑田佳祐の「波乗りジョニー」、
夏の定番曲で猛暑を吹き飛ばしてくれたおかげか、次の曲は高1男児がB’zの「いつかのクリスマス」で真冬の定番を鳴らしてくれた。
その後、まだ入会1ヶ月の高1ギター女子がしっとりと綾香の「手をつなごう」を熱唱。緊張に打ち勝ってくれました。続いたのは、本日の盛り上げ役の高1JK がYUIのCherry と AIのStoryを披露。その次は高1DKが直前に決めた「日曜日よりの使者」を絶唱。
続いて、インターナショナルスクール組の2人JKが洋楽3曲。Demi Lovato, Sam Smithと
Birdie。次は中3JCと高1JKが一緒にゆずの夏色!続いて同じ中3JCが1人でMACOの「We are never getting back together」をカバー。洋楽を和訳してカバーしてる人いるんですね!とても素敵。
それから、back number の「高嶺の花子さん」を高1JKが2人でカバー。続いて同じボーカルが高1男児にギターのサポートで阿部真央の「ボーイフレンド」をしっとり朗唱。これが泣かせる曲で、結果としてSINGOUT!大賞に輝いた!
その後はインターナショナル高2男子が秦素弘の「朝が来る前に」を熱唱。
そしてその後はライブジャムのボーカル講師の原田ショーン先生が特別ゲストとして2曲。
先日自分の結婚披露宴で花嫁を前に歌って絶賛だったチューリップの「青春の影」と原田真二の「Candy」。さすが、先生!みんなうっとりでした。
その後はやはり高1JKが「花火」と「オリビアを聴きながら」を歌ったが、いつもJAMOUT!では悪魔をも蹴散らすような激しい曲を歌ってるのでまるで別人のようだった。。。
そのあとは、インターナショナルスクールの高校生、高校卒業生達の演奏が続いた。
この夏からアメリカの大学に発つ高校卒業生が「turn around」と「さよならカラー」で感動させてくれ、続いて兄が4日前に出来上がった新曲「黄色い喫茶店」お披露目。
最後はライブジャムの歌姫JKがカホンとギター担当引きつれて3曲を熱唱。
John Legendの「All of me」、Katy Perry のFirework, Imagine Dragon のDemonsで仕上げてくれました。
今回は学校卒業して海外に留学する子達のライスライブである事もあり、いつもよりしっとりしんみりした中で幕を閉じました。
今回は不思議に高校1年生が多かったが、彼らが今一番歌いたい曲を心をこめて届けてくれました!