livejam-top-image2.jpgEnglishEnglish

ライブジャムの理念


コミュニケーション能力の向上


rinen-1.jpg同年代の仲間とバンドを組んで1つの目標に向かって切磋琢磨する事で、コミュニケーション能力の大幅な向上を目指しています。内気な性格も英語、音楽というツールを使う事で人とコミュニケーションを図る手段を学び、改善する事が出来ます。

英語を使えるインターナショナルな環境


rinen-2.jpgこの数年、グローバル人材と言う掛け声が飛び交い、英語が社内公用語になる企業が増え、TOEFL やTOEIC 攻略法などの本が飛ぶように売れているそうです。グローバル人材の条件と言えば、英語力・自分の国についての教養・未知の世界に飛び込む行動力などが挙げられますが、最終的にはコミュニケーション能力だと考えております。どんな状況においても、どんな人とでもコミュニケーションが取れる人には語学力が自然とついて来ます。ではコミュニケーション能力を上げるためにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、必然的にコミュニケーションを取らなければいけない環境に身を置く事であり、その環境の一つとしてライブジャムがあります。生徒の約3割が外国人かインターナショナルスクールからの学生で、講師も過半数が外国人であり常に英語、スペイン語、フランス語、韓国語などが飛び交っている環境です。仲間を募りバンドを組むためには引っ込み思案では何もできず、そしてバンドを組んだ後にもメンバーとコミュニケーションを取る必要に迫られます。しかし、その時に言葉は重要ではありません。バンドは音楽を共通の言語としてコミュニケーションするものだからです。

英語だけの時間、「English Time」 


rinen-3.jpg積極的に英語で会話をしてもらうように、英語でしか話してはいけない「Englsh Time」を導入しています。先ずは自分の意思を伝える事が肝心なので、簡単な単語とジェスチャーだけでも大丈夫です。



外国人講師も多数在籍!希望の方には英語でのレッスンを提供



rinen-4.jpg希望される方には外国人講師やバイリンガルの先生が英語のみでレッスンを行う事も可能です。在籍する多くの外国人講師はある程度 or ほとんど日本語がわかりますが、英語のみのルールで音楽と英語を上達させる事も可能です。


ライブジャムの目標達成型メソッド

ライブジャムは音楽を通して10代の感動を創出し、将来世界レベルで活躍できる人材の育成に関わっていきたいと考えています。そのために常に目標が設定されています。

rinen-5.gifrinen-6.gif

今まで楽器を始めたけど長続きしない、レッスンを受けたけど上達しない、といった経験は誰にでもあると思います。それは多くの場合、目標が定まっていないからです。ライブジャムでは3~4ヶ月毎に、プロも使うライブハウスを借りきったライブを開催します。そのため、どの時点をとっても常に目標が定まっています。その上、バンドを組んで同じ年頃の仲間と練習することを通し、他人に迷惑かけないためにベストのコンディションを目指すようになります。それに加えて、バンドで音をだしている時は、言葉に出来ないほど楽しいので、より音楽を好きになることでしょう。

スクール代表からのご挨拶



お子様も十代半ばになってきますと感情が一層豊かになってきます。この貴重な時期に何をするかは、将来の人間形成にとって非常に重要な役割を果たすと思われます。

欧米では、この多感な時期に「3つのA」の調和を目指す教育が行われています。その3つのAとは、「Academics(学問)」 「Athletics(運動)」「Arts(芸術)」です。それぞれの「A」には目標が設定され、その達成に向けたプロセスと支援体制が整えられています。

ここ日本においては、運動のAは、中学〜高校のクラブ活動という形で、目標・プロセス・支援体制がかなり完成されていると思います。

一方、芸術のAはどうでしょうか? 音楽に焦点を絞って見てみますと、例えば学校のブラスバンド(吹奏楽部)は、スポーツの部活に近い目標・プロセス・支援体制が出来上がっていて、素晴らしい感動を作り出していると思います。

では、楽器として数で管楽器を遥かに上回るピアノ、バイオリン、ギターなどはどうでしょう?個人レッスンは広く普及しており、誰でもいつでもどこでも習うことのできる体制はありますが、発表の場が少ないか、あっても一人で演奏することが多いのが現状です。そのため、「楽しさや辛さを仲間と分かち合いながらゴールを目指す」という、若者にとってかけがえのない体験の受け皿にはなり得ていないと感じます。

LiVEJAMでは、バンド音楽を通して個々の技術を向上させ、自分だけのオリジナル曲を創り、仲間と共同でバンドを組み、ライブパフォーマンスで仕上げるという目標・プロセス・支援体制を提案します。この過程で、情操教育はもとより、集中力・創造力・協調性・リーダーシップなど、開発される能力は限りないと我々は信じております。

このような教育の現場は健全であるべきですので、当スクールでは未成年に禁止されている行為等を排除するのは当然ながら、生徒さん達の成長の一角を多面的にサポートすることができればと思っています。そのため、事務局を含め講師の人間には高い規律と人間性が備わった人選を行っています。楽器 や音楽を教えるだけでなく、生徒さんの兄や姉のように温かく見守り、相談に乗ってあげられるような家庭的な環境を作っています。そして生徒さん達だけでなく、保護者の皆様とも可能な限りコミュニケーションを取りたいと考えており、ご希望の方には定期的にお子様の状況をお伝えするメール配信サービスもご提供します。

私も2人の男児の父として、彼らの学問のAはもちろん、運動のA、そして芸術のAへの取り組みを体験してきました。いろいろなスポーツや、 さまざまな楽器・ジャンルの中で常に焦点が移っては戻りを繰り返す中での成長を見てきました。その成果を披露する場がサッカーの試合であれば、我が子が走る試合はワールドカップよりも熱く、バンドのライブであればグラミー賞のステージよりも尊いエネルギーと感動をもらうという喜びに出会うことができました。

究極の親バカと笑われそうですが、LiVEJAMを通して皆様からも同じ言葉を聞くことができたとき、このスクール設立の本当の意義が叶う日になると信じております。

ライブジャム校長   高木 健

高木 健

Q&A

スクールについて、よくある質問
Q部活動や勉強との両立はできますか?

Aできます。先生が学校生活を考慮してレッスンを立案します。忙しい時期にはライトプラン (月2回のコース)に切り替えることも可能です。親身になって相談に乗りますので、お気軽にお訪ねしてください。

●保護者様へ
お子様の学校生活をより良くしたいと考えていますので、学校生活をまず第一に優先したカリュキラムを作成します。また、どういった計画でレッスンを進めるか、メールやお手紙でお知らせします。 お子様の発育を一緒になってサポートできる学校でありたいと考えています。

懇意にしている学習塾のアドバイザーによる学習指導も利用可能です。ご相談ください。

Q英語がしゃべれませんが、レッスンについていけますか?

Aもちろん大丈夫です。外国人の先生たちはそういった方たちにもわかりやすいレッスンを心 がけています。また、日本人の講師も在籍しています。本スクールの第一言語は「音楽」ですので、「音楽」という共通の言語を用いていろんな国の仲間を作ってください!

●保護者様へ
国際化社会におけるコミュニケーション能力の発達が望める環境です。都立大学という場所柄、インターナショナルスクールからの生徒さんもたくさんいます。中には英語やスペイン語などの母国語しかしゃべれないお子様もいますが、子供のコミュニケーション能力は仲間と一緒にいることで急激に発達します。 母国語の違いという壁は、音楽という共に築き上げる目標があればすぐに取り払うことができるでしょう。一度この壁を突き破ったお子様は社会に飛び立った後、大きな力を発揮する事でしょう。 LiVEJAMは生徒たちが世界中で活躍できる人になってもらいたいと考えています。

Qバンドをやりたいのですが、まだメンバーが揃っていません。それでも入学できますか?

A LiVEJAMはバンドで学べる音楽スクールですが、個人での入学や、一部のパートが足りないバンドも大歓迎です。まずは自分の楽器で個人レッスンを受講し、ある程度のレベルに達した時点で、経験度や好みのジャンルが近い生徒同士でのバンド結成をインストラクターが提案します。

Q 楽器ができなくても入学できますか?

A LiVEJAMでは楽器やボーカルの経験がなくても、個人コースで入学できます。また、どの楽器を習いたいかまだ決まっていなくても、無料体験レッスンを通していろんな楽器に触れる機会がありますので、オープンな気持ちでいらしてください。

Q バンドで入学しても個人レッスンは受けられますか?

A はい。バンドコースにも個人レッスンを組み込むことができます。来校可能なスケジュールに合わせたプランを提案しますので、インストラクターにご相談してください。

Q スクール主催のライブはどのように行われるのでしょうか?

A プロが使っている都内のライブハウスを借り切って行います。毎回、出演バンドの数に合わせてプログラムを組む予定です。バンドを組んでいない人も、他の生徒や講師と一緒に出演することができます。家族や仲間を呼んで大いに盛り上がりましょう。

Q 楽譜を読んだりするのが苦手なのですが、オリジナル曲を作れるようになりますか?

A オリジナル曲を作るのに必要な知識は作曲科で身につけることができます。実際にプロとして作曲活動を行っている経験豊富なインストラクターが、どのように曲を作っていくかをステップごとに指導します。自分の頭の中にあるメロディが少しずつ曲として仕上がっていく過程は、とても満足感に溢れるものです。コンピューターの音楽制作ソフトを使えば、一人だけであらゆる楽器を組み合わせることもできて、ハマること間違いなしです。

中高年の大人の音楽教室アポロンが始まりました。

ギター、ベース、ドラム、ボーカル、キーボードのレッスンが受けられます。

Music lessons in English for Adults

Guitar lesson, Bass lesson, Drum lesson, Vocal lesson, Keyboard lesson, Composition lessons in Tokyo

undefined大人の音楽教室


Berklee
ライブジャムとはライブジャムとは
学科:ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボード学科:ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボード
保護者の方へ Q&A保護者の方へ Q&A
保護者、生徒の声保護者、生徒の声
システム、料金システム、料金
ロック検定ロック検定
ライブジャム ブログライブジャム ブログ
無料体験レッスン無料体験レッスン
アクセス、お問い合わせアクセス、お問い合わせ
ライブボタン.pngundefined