サックス レッスン in 都立大学

サックス レッスン

なんともクールでセクシーな音色のサックス。ジャズやポップスで甘いメロディーを奏でるもよし、ロックに一番合う管楽器としてガンガンに攻めてみるもよし。サックスを吹けるようになる事で得られる満足感は半端じゃありません。
キーや部品があんだけ付いてて、一見ハードルが高そうに見えますが、実は見かけほど難しく無い楽器がサックスです。唇を微妙に振動させて音を作りだすトランペットなどの金管楽器と違って、サックスはマウスピースを咥えてそこに付いてるリードを振動させれば音が出ます。ある程度口の周りの筋力が必要になってきますが、吹いてると自然と口輪筋が鍛えられて、ほうれい線やたるみ解消にも効果的との嬉しい指摘も!

サックスにはボタンがたくさんあって複雑に見えますが、実際両手で持ってみると思った以上に手にしっくり来ます。そしてたくさん「押す所」がありますが、基本はリコーダーと同じ。そう、日本の小学校に行った人なら誰でもやった事があるたて笛です。ただ、音を響かせるため、それから指を早く動かすためにいろいろガチャガチャ付いてるだけです。
空気を吹き込んで音を出すサックスは肺を強くする効果もあり、いい事だらけ。
初心者の方も以前やっていた方も、本格的なアドリブソロを構築したい方もどうぞ。海容先生はアルトサックスの神チャーリーパーカーを彷彿させるサウンドとテクニックの持ち主でありながらどんなレベルの人にもわかりやすく教える事ができる先生です。
楽器がなくてもまずは無料体験してみましょう!

なかなか家では練習しにくい楽器ですが、アポロンでは昼間自由に(無料で)防音スタジオが使えるのでいつでも気軽に練習できます。

_L5A0672.jpg
講師紹介
海容先生

中学校の吹奏楽部でサックス始める。
高校在学中に江川良子先生にクラシックサックスを師事。
大学で数学を専攻する傍ら独学でジャズを学び、第4回神戸ネクストジャズコンペティションに出場しグランプリを獲得。
入賞メンバーと共にNew Orleans で行われているFrench Quarter Jazz Festivalに参加。
第32回浅草ジャズコンテストバンド部門にて自身のカルテットで銀賞を受賞。
現在都内近郊でライブ、レッスンを行っている。
高等学校の数学の教員免許も取得。