blogimprovement-tipsおすすめ楽器ドラム楽器初心者

初心者のドラムレッスン:ドラムスティックの選び方

ドラムを始める事になり、いきなりドラムセットを購入するのには、まずは住宅事情があり、検討する時間が必要ですが、とりあえずはドラムを叩くスティックはすぐ必要になります。

初心者がドラムレッスンを始める時にまずはスティックの握り方から指や手首の動かし方を習いますが、さあ、スティックはどのような物を買えばいいのでしょうか?

ここでは、ドラムをこれから始める初心者は「スティック」は何を選べばいいだろうかと、思っているそんな方に沙織先生からお応えいたします!

初心者のドラムレッスン:ドラムスティックの選び方

1) ドラムスティックの材質:

まずスティックは3種類の木材で作られています。

 

・ヒッコリー

・オーク

・メイプル

 

オークはこの中では一番固く、パワーヒッターの方にお勧めです。メイプルはヒッコリーよりも軽く扱いやすいですが、初心者の方にはヒッコリーがおすすめです。
ヒッコリーが最もポピュラーでコントロールがしやすいスティックです。

2) スティックのオススメ

・Pearl パール ドラムスティック110HC  1本葯880円(込)
なんといっても安価で手に馴染みやすいスティックといえば、こちら。吹奏楽でも多く使われています。

 

・VIC FIRTH AMERICAN CLASSIC ドラムスティック VIC-5A      1本約1,400円(込)
値段は高くなりますが、軽く長さも丁度良いので初心者の方におすすめですが、長く愛用できるスティックです。

3) スティック選び方のポイント

木目を見る
木目が真っ直ぐになっているものを選びましょう!曲がっているとそのままそこからスティクが折れる可能性が高い。スティックの力の入れ加減で折れることもありますが、選ぶ段階からその折れるリスクを少なくしましょう。

 

スティックを転がして見る
水平なところでスティクを転がしてみましょう。もしスティックが反って入れば、綺麗に転がりません。

 

手に馴染むもの
計りを使って重さを測ったりするのも良いと思いますが、同じ種類のスティックでも手に馴染むものとそうでないものがあります。手に持ってしっくりくるものを選びましょう。これは感覚です。

ライブジャムのドラムレッスンについて

コメントを残す