blogDrumsおすすめ楽器キーボードギターサックスドラムトランペットベース楽器初心者

楽器を始めたい人へ:おすすめ楽器

楽器を始めたい

何か楽器を始めたい、と思った事はないか?


音楽を常に聴いていて、家にいる時はパソコンから音流していて、外出る時はイヤホンで曲聴いてる。テレビで音楽番組も観るし、ライブにも頻繁に出向いて行く。。。。

そう、これだけ四六時中音楽に囲まれていてそれこそ音楽飽和状態で満足だと思っていたのに、ある日突然、自分が音楽を作りたくなる。。。

 

今まで楽器といえば学校の音楽の授業でたて笛や鍵盤ハーモニカ、そしてたまに箏をやった事がある人もいるかもしれない。

それが、何かがきっかけで楽器がやりたくなる。そのきっかけによって楽器がギターやベース系であったり、トランペットやサックスなどの管楽器だったり、ピアノやバイオリンのようにクラシック音楽系の楽器だったりする。

もちろん、そのきっかけによってやりたい楽器が決まるのがほとんどかもしれない。だが、もしただ漠然と「音楽をやりたい」と言う事であれば、どの楽器から始めるか悩むであろう。

 

どの楽器がおすすめ?

この時に誰に相談するかも重要だが、ギターやってる人ならギターを薦めるし、ドラムやってる人ならドラムを薦めてくる傾向がある。

楽器の販売数がある程度実態を反映しているとしたら、ここにデータがある。
少々古いが、 2007年の楽器国内販売だ。

アコースティック・ピアノ                27,000台
デジタル・ピアノ                   198,000台
金管楽器(トランペットやトロンボーンなど)        24,000台
木管楽器(クラリネットやサックスなど)         53,000 台
アコースティック・ギター                56,000台
エレキギター                      91,000台
ドラムセット                      50,000台

これは、国内で生産された楽器なので、実際には輸入品も入れればもっと多いはず。特に輸入品が圧倒的に多いギターは、10~20万台の上乗せになるかもしれない。

 

楽器販売データから見る人気楽器

 

この楽器販売データから見ると、ピアノ含むキーボード、そしてギターが群を抜いて多く販売されている事がわかる。

なぜか?

それは、ピアノもギターも他の楽器と比べて簡単に音が出るから。それも(ドラムと異なり)メロディーを作れる音がすぐ出るからだと思う。


ともかく触ってすぐに音が出るピアノやギターと違い、トランペットやサックスやフルートは最初の音を出すのが難しい。きちんとした楽器本来の音を出すのに何年もかかると言っても過言ではない。

ライブジャムでレッスンが受けられる楽器を年齢ごとで解説しました。

こちらのリンクからどうぞ!

小学生のおすすめ楽器

 

中学生のおすすめ楽器

 

コメントを残す