blogjamoutガールズバンド中学生バンド高校生バンド

ついに明日!JAMOUT!Vol.8ラインナップを紹介!

 

ついに明日!”JAMOUT!Vol.8″ラインナップを紹介!

 

こんにちは!久しぶりのブログの更新になります。
ついに明日music school LiVEJAM presents “JAMOUT!Vol.8”が行われます。ここ2週間はこのライブ・イベントのために多くのバンドがリハーサルをしました。メンバーの中には必死で練習し、遅くまで残っている人もいました。また、先生たちは駆け込み需要でたくさんのレッスンを行いました。その成果が、明日のパフォーマンスですべて発揮されます。



3月17日(日曜日)”JAMOUT!Vol.8″@恵比寿LIVEGATE?
17時00分 開場
17時30分 開演
第1部 17時30分~19時30分
第2部 19時50分~22時00分

20歳未満  500円(ドリンク代含む)
20歳以上 1000円(ドリンク代含む)

多 くの曲がカバー曲ですが、前回JAMOUT!Vol.7で「次回からオリジナル曲を作ることを推奨します」という宣言をし、作曲のレッスンを受講すること を促したため、第2部では大抵のバンドがオリジナル曲を演奏します。果たしてどうなることやら?JAMOUT!やSINGOUT!を重ねるごとにメンバー 間の仲が良くなっており、今回は曲によってはゲストを招き入れるバンドもちらほらいます。気軽に頼める環境ができたからでしょうか?

個人的に前前前々回に書いた「豪奢遊党」は楽しみです。ベースのメンバーが3月17日来れないこともありベース科の「Tommy先生」が参加します。

と書いているうちにテンションが上がってきたのでちょっとだけ、JAMOUT!Vol.8のラインナップをご紹介します。

17時30分頃の一発目は“John”というバンドが出ます。このバンド名は本当に意味不明です犬の名前でしょうか??曲は1バンド目ということもあり、最近流行りのパーティーチューンを演奏します。ギターが3人いて派手なサウンドです。

17時55分頃は”Red Hot Rice Crackers”が演奏します。曲はMaroon5の”This Love”です。男性ヴォーカリストデュオが美しいハーモニーを奏でるのか否か・・・。このバンドはベース科の仲良しコンビがドラムとベースで共演します。

18時頃からは“No Way Dear”女性ヴォーカリストがカントリーとロックンロールの2曲を歌います。若干12歳のスーパーギタリストが強烈なギターソロを演奏します。職場見学後、ライブジャムに入学した5弦ベーシストが初参加です。果たして、例のTシャツを着てくれるのか??

18時20分頃は”Seven Nation Army”です。女性ヴォーカリストデュオ、女性ギタリスト、女性ベーシスト+MacBookProちゃんの全員女性による演奏になります。ダンス・ポップを演奏します。

18時30分頃からは“TS Band”が 演奏します。このバンドはバンド名の由来通りTaylor Swiftの曲を演奏します。あれっ、そういえば過去におんなじような理由でバンド名をつけたバンドがいたような・・・。このバンドのリードギターの女性 は独特のトーン(音色)の浮遊感のあるギターを奏でるのが魅力です。また、ドラマーは小学5年生が叩きます。かなりパワフルです!

18時45分頃はブログでも紹介した“豪奢遊党”が演奏します。このバンドのメンバーは本当に楽しそうに演奏します。曲も聴いて楽しいポップソングを2曲演奏します。若い女性ギタリストがギターソロを思いっきり奏でます。

19時00分頃は“Moose Brigade”です。2曲共にロック好きなら知っているクラシックなナンバーです。ドラマーの急成長、入念なリハーサルによる息のあった演奏が見どころです。

19時15分頃は今回の演奏で最後になる“Laughorte”です。彼らは1年間、継続してバンドを続けましたが、来月から留学するメンバーが多々いるので解散という形になりました。最後の演奏に相応しい選曲でまさに「青春」な曲です。彼らはいっつも選曲に苦労しているイメージが私にはあります。

19時25分は第1部の最後“Twinkies”です。キラキラしたギターの音色と轟音のギターが混在する面白サウンドのバンドです。ヴォーカリストはベースプレイヤーが努めます。リードヴォーカルとコーラスが結構練習していましたが、本番果たしてうまくいくのでしょうか?メロディーが美しい2曲をカバーして演奏します。

その後、ちょっと休憩一休み一休み

19時55分から第2部が開始します。トップバッターは校長が命名したバンド“Nydess”です。彼女たちは同じ学校の仲間なのですが、試験日の関係で今回のスケジュールは非常に厳しいものになっていました。そんな中、時間を見つけて練習を頑張っていました。(忙しい合間を縫って何かをする、私が一番苦手な奴です・・。)果たして、どうなることやら?

20時15分頃は“Cloud No.9”ONE OK ROCK好きのメンバーで構成されたバンドでカッコイイロックなナンバーを奏でてくれるはずです。(ちなみに、第2部のバンドの演奏はほぼ私は聴いていな いのでメンバーのサウンド志向とスタジオ外から聴こえる雰囲気で伝えております)ヴォーカリストが「今回は気合が入っている、大賞を狙う」と宣言しており ました。果たして?

20時30分頃は“The Everlog”こ のバンドは全曲オリジナルを演奏します。牧歌的なバンドサウンドでスコットランドのロックバンドのような雰囲気があります。このバンドは第2部のバンドの 中で唯一私が結構関わったバンドです。練習日程が中々メンバー間で合わず、四苦八苦していましたが、最後の週になんとか間に合わせました。

20時45分頃は前回の覇者“CHEAD”で す。ヴォーカリストが脱退したことにより、新しいヴォーカリストを迎えるのかと思いきやなんとギタリストがヴォーカルを担当!することになりました。ロッ クなナンバーを1曲、オリジナル曲を1曲演奏するします。私的に一番熱心に練習していたバンドのように思います。(とか書くとメンバーになんか言われそ う)

21時00頃からは“Faults”が演奏します。何を演奏するのかは全くの不明ですが、彼らはライブジャム外でも演奏経験が豊富なので、確実に良い演奏をしてくれうはずです。シンプルなロックサウンドが魅力です。ニコニコ動画のチャンネルに動画がいくつか上がっているので気になる方はチェックして下さい。

21時20分頃からは“Head Crusher”。ヘビーメタルを3曲演奏します。ヴォーカリストはなんとドラム科の”Dustin先生”が担当します。彼らも非常に熱心に練習していたバンドの1つです。ライブジャムのギターヒーロー”Andy”が素晴らしいソロを披露してくれるでしょう。

21時40分頃、締めのバンドはもちろんLiVEJAM ALL Star Bandです。メンバーの中から先生の推薦、オーディションによって選ばれた精鋭のプレイヤーがバンドとなり演奏します。曲はお楽しみ!ロックにファンクにバラードにと盛りだくさんです。

と簡単に紹介してみました。

ということでみなさん、お暇でしたらぜひJAMOUT!に遊びに来て下さい。ライブジャムに興味があり、入学を考えている方はこのイベントでライブジャムがどんな音楽教室かわかるかと思います。

ではでは!

中学生・高校生のためのバンドスクール「ライブジャム」
www.bandtokyo.info[:]

コメントを残す