blog

バークリー音楽大学 準備コースの2期生募集

2015年1月に始まったライブジャムでの バークリー音楽大学の受験コースの2期生を募集します。(5名まで)
バークリー卒のアメリカ人講師による英語による授業なので実際のオーディションやインタビューはもとより、入学してからの授業に即役立ちます。

バークリー音楽大学

ライブジャムのバークリー準備コースとは
バークリー音楽大学に入学を検討している高校生のために、バークリーに入学するためのオーディションに必要な準備とサポートを提供するコースです。
具体的には下記の内容が含まれます。
個人レッスン(55分、月2回)
・楽器(含むボーカル)のレッスン
☆グループレッスン(90分、月2回)
・音楽理論
・イヤートレーニング
・即興/アドリブ
・模擬オーディション
上記の内容は原則的に全て英語で行われますので、オーディションに合格するだけでなく、最初の1年の授業がスムーズに受講できる準備になるねらいがあります。

(講師は日本語もできますので、英語が苦手でも英語での授業に慣れる事を目標にしております。)

年間スケジュール: (2017年の9月入学の場合)

出願とオーディションスケジュール
2016年の12月~2017年の1月までに願書を送り、
2017年2月から3月までにオーディション/インタビュー(同日)を受ける、
2017年4-5月に合否通知

ライブジャム・バークリー受験コース
2016年3月開講、月2回のコースレッスン開始(曜日は現時点では金曜日の予定)
2016年11月~12月、模擬オーディション

費用
入会金:5,400円
月謝: 21,600円
模擬オーディション費用:5,400円
月謝にはスタジオ使い放題が含まれます。

 

Tim 先生

講師のTim Donahueについて
バークリー音楽大学を卒業。1986年全米デビューソロアルバム「THE FIFTH SEASON」を
発表、米国ジャズイズ誌に1986年のトップ5ジャズアルバムの中にノミネート。
松竹映画「マークスの山」の音楽サウンドトラックを作曲、編曲、製作担当に務め。
大手レコード会社の日本クラウン社、東芝EMIなどのアーチスト契約でティム・
ドナヒューアルバム4枚を発表。テレビ音楽やCM曲製作アーチストでもあります。

1995年、有名ロックバンド「クィーン」のスーパーヴォーカリスト、ポール・ロジャースと
ジミーヘンドリックスプロデューサー、エディー・クレーマー氏の協力でソロアルバム
「Voices In The Wind」を製作し、全世界へ発売され、2009年ゲストパフォーマーとしてニュージーランド
International Guitar Festivalでハープギターコンサート、セミナー活動。
巨匠ハープギターリストとして現在アメリカと日本でコンサート活躍中。

お問い合わせ
メールまたは電話でお問い合わせ下さい。
info@livejam.co.jp
03-6421-3217[:]

コメントを残す