blogeventsimportant-news中学生バンド高校生バンド

ミュージックステーションにメンバーが出演!

 

ミュージックステーションにメンバーが出演!

こんにちは最近はブログがご無沙汰してしまいましてすみません

さてさて、今回は秘密にしていたのですが、昨日放送されたのでもう言ってしまいます。実はライブジャムでミュージックステーションの撮影が行われました。

ミュージックステーションといえば、テレビ朝日が放送している伝統的な音楽番組
皆さんご存知ですよね?

事の発端は1つの電話からはじまりました
お昼ごろにライブジャムに1件の電話がかかってきました

テレ朝ステッフ「テレビ朝日の~と申します。この度はミュージックステーションの取材協力のお願いのためにお電話しました」

テレ朝スタッフ「中学3年生を対象にインタビューを撮りたいのですが、中学3年生を25人程集めてもらえませんか?」

筆者「25人はさすがに・・・。」

テレ朝スタッフ「わかりました。でしたら、15人以上集められますか?」

筆者「まぁ、なんとか(随分減ったな)」

テレ朝スタッフ「ありがとうございます」

というようなやり取りがありました。

筆者はミュージックステーションをほとんど見たことがなかったので、はじめは意味がわかりませんでしたが、ミュージックステーションの過去の映像を見て内容を把握しました。

この時点で把握したことは、

?Birth Year Songsという企画で子供たちが自分の生まれ年の曲を聞いてインタビューを受けるという形式でした。

?インタビューはグループ形式で行われ、はしゃいだり、少しお馬鹿で面白い発言をしたり、アーティストを褒めたり、説明したりすると、使われるということ。

参加者を募ったら17名ほどのメンバーが参加を希望しました。その旨をテレビ朝日のスタッフの方にお話しました。

筆者「17名ほど集まりそうです」

テレ朝スタッフ「大変ありがとうございます。一つお伝えしなければならないのですが、出演者すべての方が放送されるわけではないんですよ~」

筆者「・・・。(早く言ってよ~)」

まぁ、よくよく考えれば当たり前ですが、反応の良くないグループの画は使われませんよねちょっとがっくりした後、参加者にその旨を伝えました。みんなもちょっとがっくりした後、それでも参加するといってくれました

筆者「まぁ、でもライブジャムのメンバーは元気ハツラツで反応もいいから、いっぱい使われるだろうテレビにライブジャムが映る時間がながければ、いろんな方にライブジャムを知ってもらえるすげぇ、綺麗な教室を見てくれ

そう思い、部屋をいつもより必死に掃除し(掃除を手伝ってくれた諸君ありがとう)、撮影日を待ちました。

撮影日当日、テレビ朝日のスタッフの方に簡単な説明を受けるメンバー。その際も、はしゃぎまくっているメンバー。(スタッフの方々が若干困惑されていましたすみません

テレビに出たい子供たち、少しでも長くライブジャムの画が使われたいライブジャムスタッフ。目的はひとつ!まさにライブジャムの理念仲間とともに切磋琢磨し、一つの目標に向かってチカラをあわせる」がライブジャムスタッフと子供たちとの間で実現されようとしていたのでした。いやはや美しい

ピカピカの教室にギターやベース、ドラムセットが並びテレビ朝日のスタッフたちも

「いいですね~」

と好感触!!

筆者「これはいける

撮影が始まりました。1グループ30~40分ほど撮影しました。

撮影が終わったグループに話を聞いてみました。

筆者「どうだった?」

メンバー?「知らない曲ばっかり。反応しづらかった

筆者「・・・。(演技すればいいのに)」

メンバー?「~は意味不明な発言してた

メンバー?「おまえだろ!

明らかにカメラを向けられるという緊張感に負けた模様。このような若干のいざこざもあり、教室に不穏な雰囲気が漂い始めました

3グループ撮り終えた後、最後のグループはみんなに公開されながら撮影がされました。私も業務の傍ら、様子を見ていました。

撮影が始まる前、「俺に任せろと豪語するメンバー。

筆者「まぁ、大丈夫だろ」

しかし、撮影がスタートすると、ものすごいおとなしいメンバー。

筆者
「あれ、このコーナーってすげぇテンションの高い子どもたちが、曲を聞いた瞬間『おぉ!知ってる』だとか『大好き!この曲』みたいにはしゃぐ画が映ってたよな。こんなテンション低くて、口数少なくて大丈夫か?」

そんなこんなで撮影は終了。

テレ朝スタッフ「ありがとうございました。映像が使われるかどうかは最後の最後までわからないんですよ~。ご了承下さい」

筆者「はぁ~。(こんなに盛り上がらなかったインタビュー使われるのか?まぁ、編集で何とかしてくれれば・・・。)

もしかしたら、全然映らないのでは、という懸念を抱きつつ放映日当日。撮影に参加したメンバーの一部がライブジャムに来て、今か今かと自分たちの姿がテレビに映るのを待ちわびていました。

Birth Year Songのコーナーが始まり、教室に緊張感が包まれました。

さぁ、映るのか映らないのか・・・。

このコーナーが大体10分ぐらいなので、3グループ30秒くらい映ればいいなぁと思っていました。

しかし



7分ほどしても、ライブジャムが出てこない

筆者「これはやばい」

と思ったその時!

映りました

たった5秒

コーナーは終了。ライブジャムに来て放送を見ていたメンバーは誰も出演しませんでした。

筆者「まぁ、無理だよね・・・。他の中学生グループ、面白かったしテンション高かったし

そんなわけでライブジャムとそのメンバーたちの挑戦は、惨敗とまでは行かなかったのですが、あんまりいい結果ではありませんでした。残念

しかし、翌日のWebサイトのアクセス数はUPしていました。Mステ効果か

さぁ、泡沫(うたかた)の夢に終わりを告げ、本来の教室の目標「JAMOUT!」に力を入れましょうか!

11月17日(土曜日)恵比寿LIVEGATEでやりますよ~。

ではでは!

[:]

コメントを残す