blogeventsjamoutガールズバンド

満室御礼!シューゲイザーのすすめ

 

満室御礼!シューゲイザーのすすめ

こんちゃ!本日、髪を切りに行きましたはじめは「無愛想な方だな、嫌だな」と思っていましたが、喋りかけるとものすごい気さくな人でした。そして、二人で話が盛り上がり、ずっと話しているといつの間にかすごいショートにされていました。おぉ~い

さてさて今日はバンドのリハーサルとレッスンがいっぱい入っており、(時間によって)部屋は満室状態でした

そんな中、先日リハーサルした前回のJAMUT!大賞バンドTwinkle Bakeryの数名が自主練習していました

どうやら選曲に苦しんでいるようでした

なんでも「またmiwaとかYuiだと前(JAMOUT!Vol.6)と演奏があんまり変わらない」と悩んでいるみたいでした。

 

そこで「ちょっと変わった音楽やったら」と私(Shimpei)が薦めました

「例えば」と言われたのですかさず「シューゲイザー」と答えました

 

シューゲイザーとはシュー(靴)ゲイザー(見つめる)という意味でプレイヤーが常に靴を見続けて深い歪みやノイズを楽器で掻き鳴らしながら、美しいヴォーカルが乗るというちょっと不思議な音楽で

この音楽が流行った90年台初期バンドのメンバー構成はヴォーカル、ギター、ベース、ドラムの他に、ノイズというただただ不協和音を鳴らすパートもあったそうです

 

彼女たちも興味津々!さっそく聴かせてみると「かっこいい!!」と好感触!

彼女たちも今流行のポップスからコアなロックファンに変貌を遂げるかも知れません

しかしながら「でも、顔を見せないで演奏するのは嫌だなぁ。やるなら顔を上げてやりたい」と女の子的な意見も言っておりました

 

 

 

 

ではでは

 

コメントを残す