blog

[:en][:ja]JAMOUT!Vol.6ダイジェスト?[:]

[:en][:ja]

JAMOUT!Vol.6ダイジェスト?

こんにちは!この前、ブログを読んだ友人から
ブログでの弾けっぷりすごいね」と言われてしまいました。

たしかに・・・

しかしながら今回も弾けまくってしまいそうですなぜなら、前回持ち越したJAMOUT!Vol.6のダイジェストをお伝えするからですですが、さすがに全14バンドがどうだったかを説明するのは大変ですので、ざっとお伝えします。

今回はあまりに出演バンドが多いので2部構成でお送りしました。14バンド出演は壮絶!ライブハウスのスタッフの方には本当にお世話になりました。私もトランシーバー片手に会場を走り回っていました

↓ライブが始まる前の写真。どことなく緊張感が漂っています。

MCはドラムのDustin先生がやりました。バンドが準備している間を埋めてくれると同時にメンバーの緊張感をほぐしてくれました

最初は「Crown Under Water」というバンドから始まりました!このバンドはギターに本来参加するはずだったメンバーが来れなくなってしまったので急遽メンバーの担当のKenji先生が加入しました

↓しぶい演奏を響かせたKenji先生

その後ライブジャムのバンドコースを専攻しているDoracenaが斉藤和義の「やさしくなりたい」を披露しました3ピース用にアレンジされており、かっこ良く決めていました。

↓メンバー全員黒の衣装、黒の楽器で揃えてきたDoracenaの情熱的なベース演奏

段々ショーは盛り上がっているところでアクシデント!3バンド目のFragile Eternal のドラマーが来ていない!?急遽4バンド目のAwake and Unafraid と順番を交代し事なきを得ましたAwake and Unafraidが演奏しているときにドラマー登場。会場にはいたらしいのですが自分の出番を把握していなかったみたいですっておいおい

Fragile Eternalは若干メンバーの緊張もありましたが、楽しく演奏して微笑ましかったです曲はflumpoolの「星に願いを」を披露しました。会場からは「かわいい!!」という声が飛んでいました

↓固唾を飲んで見守る観客


Awake and UnafraidはしっとりとしたバラードLady Antebellumの”Just A Kiss”を披露していました。楽屋からDustin先生が自分の生徒を一生懸命応援していたのが印象的でした

その後Showcaseというヴォーカリストだけでパフォーマンスするというプログラムがありました。アコギで弾き語りをしたり、デュエットで歌ったりと、ライブハウスがカフェのような雰囲気になりました

しっとりとした後にバンドが力いっぱい演奏しました。Photobombersというバンドです。2曲ともバラードでしっとりといい演奏を聴かせてくれました。曲はNo Doubtの”Don’t Speak”とMarina and the Diamondsの”Obsession”でした。

↓Photobobersのパフォーマンス

長くなるので一旦ここでお開きにします。次回をお楽しみに!!

 [:]

コメントを残す