blogおすすめ楽器ギタージャズ

ジャズギターの感動:中学、高校生におすすめレッスン

ギターをやっている人はたくさんいて、おそらく日本では一番弾いている人口が多い楽器だろう。

そしてギターは演奏されるジャンルも楽器の中で一番多いかもしれない。クラシック、ロック、ポップ、ジャズ、ラテン、そして日本の演歌始め、各国の地元音楽に使われる。

 

今日のテーマはジャズギター。

ギターで弾くジャズとは? ジャズギターの魅力、そして実際にハマってしまうジャズギターのアーティストや曲を紹介する。

ジャズは中学生、高校生の内からたくさん聴いて身体を馴染ませておくと同じ年代の子達より飛躍的に世界が広がると思う。

 

 

ジャズギターとは

 

ギターで弾けるジャズと言ってもジャンルはものすごく広い。

その中でもWes Montgomery(ウェス・モンゴメリー)Joe Pass(ジョー・パス)など20世紀の中頃からやってるビバップ系もあれば、

B.B. King(ビービーキング)Eric Clapton(エリック・クラプトン)に代表されるブルース、

Pat Metheny(パット・メセニー) や George Benson(ジョージ・ベンソン)のような爽やか系のフュージョンは有名だ。

最近の若い世代であでは現代のHip HopやR&BととてもセンスよくコラボしているTom Misch(トム・ミッシュ) や Bluegrassを取り入れたJulian Lageなどもとても人気がある。

 

筆者はアドリブ(即興)演奏があれば広義でジャズだと思っているが、今日は現代のポピュラー音楽に近いフュージョンをイメージして執筆している。

 

 

ジャズギターの魅力:ロックやポップと何が違うか

 

音楽の世界では元々のルーツは全く違っていてもクロスオーバーやコラボをやって行く内にどんどん垣根が低くなっていき、ロックやポップととても近いフュージョンジャズがあるが、決定的な違いはアドリブ(その場で作り出す即興演奏)があるかないかだと思う。

 

ジャズと言えばお洒落なコード、そしてそのお洒落なコードを使った進行の中で即興で自分のメロディを作り出すのが醍醐味。同じコード進行でも人によって無限の「作曲」ができるどころか、同じ人間でも同じメロディを再現できないと言う、その時一瞬だけの奇跡がミュージシャンを魅了してやまない。

そしてこのアドリブの技術をある程度身につければ、どんなジャンルの音楽でも応用できるし、アドリブできる仲間が集まれば何もない所からジャムセッションができる。何もない所からそれぞれの持ち寄った「アイディア」を出し合いお互いにそれに重ねてその時だけの音楽を作り出す。自分を表現するための最高のツールだ。

トランペットやサックスであればメロディを、ドラムやベースであれば、リズムやグルーヴを、そしてギターやピアノであればメロディもコードも出せる、なんならグルーヴを作り出す力もある万能選手だ。

 

 

ジャズギター:お勧めアーティスト

 

ジャズと言ってもまずは取っ付きやすい、そう、気軽にドライブの時などにかけて心地よいフュージョン系がお勧め。

 

まずはジャズフュージョンの草分け的存在の Pat Metheny(パット・メセニー). グラミー賞を20回も受賞している天才ギターリスト。

映像の中で彼の大きく中が空洞のエレキギターに注目。いわゆるジャズを主流で弾いているギターリストはこのような音が響きやすく丸みがあるギターを使う事が多い。

https://www.youtube.com/watch?v=ZG8IE14hi8M

 

 

それからもっとポップ寄りだが若くて人気絶頂なのが Tom Misch (トム・ミッシュ).

イギリス出身の ビートメイカー、プロデューサー、シンガー・ソングライター、そしてもちろんギターリスト。彼は音楽のジャンルを限定しないで、ヒップホップ、ブルースやソウルにとてもセンス良くギターを乗せて、そしてまったり柔らかい歌声を重ねている。

チルなビートにメロウなギターを合わせてとてもセクシーな感じ。

そして、この動画観て気づくのはギターが普通にロックで使われるストラトを使っている事。

とても気軽に現代の音楽からジャズにリスナーを連れてきてくれている案内人だ。

https://www.youtube.com/watch?v=wsvOicS3exI

 

他のお勧めアーティストはまた別の機会に紹介するとして、

まずはギターを弾いている中学生、高校生、大学生にジャズギターの醍醐味を味わってもらえたらと思う。

 

 

ライブジャムでは中学生、高校生、そして大学生向けにジャズの楽しみ方を手ほどきしています。

ギターでは新しく講師陣に加わってくれた 朝田拓馬先生 はそれこそお洒落でセンスが素晴らしいので自分だけのメロディ、そしてスタイルを発見できる事間違いなし。

体験レッスンは無料なので目から鱗の感動を受けてみてください!

コメントを残す